夢を見させてくれたデリヘル嬢たち-我が追憶の女-

デリヘルワールド不思議体験談と夢を見るためにはどうすればいいのか?をアンケートとデリヘル嬢の意見も交えて徹底分析!!

*

市原のデリヘルに夢に見るほど忘れられない嬢がいる

「夢」とは何ぞや?だってデリヘルに従事している市原の彼女たちが、自分だけに、僕だけに、特別な感情で接してくれてるわけなんかないでしょ。って言う僕ですが、実は「夢」を見てしまうような女のコがいるんです。まあ僕の場合は「夢」とはイコール「勘違い(僕の理想の女性&まさか僕のことが好き!?)」なんですが・・・。そんな「夢」を見せてくれた「女のコ」たちの共通点は「気配り・内緒・キス」の3点!これが大きく占めていたりするんです。
まず「気配り」。初対面でちょっとした女性らしさをみせられると、その時点で色々と期待が膨らんでしまいます。部屋に入ってきてすぐに上着をかけてくれたり、脱がせてくれたパンツをたたんでくれたりと甲斐甲斐しい女性的な一面をみせてくれると、市原のそんなデリヘル嬢が「プレイでは、どのくらい乱れるんだろう」と思っただけで期待しちゃうんです。で、実際にそんな「気配り」ができる女性がお相手をしてくれたとき、プレイがすごくエッチなもんで、「またこのコと遊びたい!」と思ったものです。
次に「内緒」。これは「こんなコはイヤだ」って話。それは「彼女の彼氏のハナシ」。聞かなければいいんだけど、こっちが「彼氏、いる?」って聞いたら、女のコには「(彼氏は)いないよ」って言ってもらいたいものです。女のコにとっては難しいところでしょう。「ウソはつきたくない」「『付き合って』って言われたらどうしよう」などお客さんに誤解を招くから、正直にこたえたほうがいいのかもって。でも僕は「(彼氏が)いる」って聞かされた時点で、「ここの稼ぎは彼氏に貢がれるのね」っと思い、熱が冷めるほう。なので、まずそんなこと聞きませんが、なかには自分から「彼氏のハナシ」をしちゃうコがいるんですが、これはサイアク!「ノロケ」だろうが「悪口」だろうが、「そのコの彼氏バナシ」を聞くために市原のデリヘルへ遊びに行っているんじゃないんです。その時は「疑似」でも相手の女のコには「恋人気分」での接客を希望したい。だから「彼氏」については聞かれても「内緒」にしてて、お願いだから。ちっちゃいオトコでごめんなさい!
最後にして最大のポイントが「キス」。これは、「あるお店」がホントに凄い!市原のそのデリヘル店のマニュアルなのか、そのコのプレイスタイルなのかは分からないのですが「キス」が情熱的。もう部屋に入ってきてすぐ、僕の服を脱がせながら顔をジ~っと見つめてくるんです、こっちが照れるくらい。そしておもむろに「キス」、それはもう全開のディ―プキスで!この「キス」で僕は彼女に「半落ち」状態。激しい「キス」をしてくる彼女に対し「僕のこと好きじゃないの!?」って思い込んでしまうくらいです。そのコ、プレイの最中も、別れる間際でも「キス」してくれるんです。これはどんなオトコだって、こんなことをされちゃうと「夢みる(=勘違い)」するはず。だから「キス」が軽めだったり、お座なりだったり、「舌」や「歯」でブロックされると、その時点で「夢」なんかとてもムリ。
ということで結論。僕に「夢」を見させてくれる「女のコ」って、その場限りだろうが「理想の恋人」を体感させてくれるってことでしょうか。だからそんなコに出会えたとき、「肉体」の快感以上に「精神」が満たされた感じになるのです。そして「次も会いたいなぁ」なんて思いにふけながら、いつまでも忘れられない市原のデリヘル嬢になっちゃたりするんですよね。
個人的によく利用する市原のデリヘルには本当に良い女の子が多い。ルックスに関していえば抜きん出て美人だと感じる子も中には数名いますが、どの子を見てもなかなか個性的で男性それぞれの好みに合うような子が見つかるのではないでしょうかね。大人の社会の黒い部分なんて知らないんだろうなと思うような無垢なタイプもいますし、かなりのヤンチャをしてきたのではないだろうかと思うような子もいますし、ギャルっぽい若者もまだまだたくさんいるんです。漫画の中から出てきたようなタイプの子もいれば、デリヘルという仕事が本当に天職なのではないかと思えるほど体つきもエロくてエッチなことも大好きという人妻系の人もいますから。遊ぶ女のコ選びに困ることはほとんどないと思います。
予想を上回るほど市原のデリヘルの質の良さとサービスとプレイのラインナップはどこにもひけをとることがないのではないでしょうか。
サービスは充実していますし、利用した男性客からは満足したという声をよくもらうということです。それはリピーターとして返ってきているので数字にも顕著に現れていることからもわかるものですよね。一度利用した人があまり日を空けずになんども利用するということは市原のデリヘルでは珍しいことではないんですよ。そんなこともあり、人気のある女のコの出勤する日がわかると予約が殺到するんだとか。ものの数十分で予約枠がすべて埋まることも多いとかで、かなりの争奪戦になることも見込まれますね。
しかしそんな男の戦いをかいくぐってでも得た時間というものは何よりも体験すれば彼女たちのエロいプレイとテクニックに魅了されることでしょう。そして性格の良さがプレイ中にもともに過ごす時間の端々に見て取れることがなによりも嬉しいですね。

その昔、このサイトのタイトルともなっている追憶の女という映画があったんですね。巨匠とも称されるJヒューストンが監督したモノクロの作品なのですが、このストーリーがまたすさまじい。ちなみにこの監督は女性嫌いでも有名だったとかで、女性をネタにするといった意味ではこの作品がちょうど当てはまるのかなどとも言われています。70年以上も前のお話ですが、ここに登場する女性がこれまた悪い女でして。
ざっくりとあらすじを説明すると、フィアンセがいるわがまま美女が自分の妹の旦那を誘惑し駆け落ちするんです。その先の地で妹の旦那を自殺にまで追い込み、一人ぼっちになった彼女は実家に舞い戻ります。当然残っていた妹と自分の元フィアンセの間には強い絆が結びついていたのですが、その彼をも取り返そうと必死になるがそううまくはいかず、苛立ちは募るばかり。そんな時に子供を馬車で轢き殺してしまうという事件になり、そこでもわがままっぷりを発揮し別の青年に罪をなすりつけようとどんどんと泥沼にハマっていくという。どこかのサスペンス劇場なんかにもありがちなストーリー展開ではあるものの、まあ主演の女優さんが美しいことこの上ない。
映画自体は白黒ではありますが、当時の女優さんが目には鮮やかに映るほど美しいのです。いつの時代もどこの国でも悪い女というのは美しいものなのかもしれません。なんせ息をのむほどの美しさですからね。
今でいう「小悪魔」風な悪女は実は結構な美貌をお持ちの方も多く、市原のデリヘルに在籍する女性も同じことが当てはまるのではないでしょうか。僕的にはこの小悪魔ちゃんはかなり好きな類のコに入りますね、男の子と転がしてるんだろうなってわかってはいるんですがそれが心地よいというか。まぁ変態の粋に達している人ならばわかっていただけるかと思いますが、そうゆう子に限ってプレイももの凄いことが多いってことを知っているから好きっていうことでもあるんですけどね。めちゃくちゃにエロくてこちらのテクにすぐに反応してくれるんです。店のプロフィール欄にこの単語を探してみるのも、もしかしたらアタリ嬢に巡り会う確率が上がるかもしれません。

公開日:
最終更新日:2016/11/12